外装

この方法でDIYでのガラスコーティングの失敗は無くせます【これだけ】

更新日:

こんにちは!WCです!

車の購入時に販売店から施工を勧められることも多い硬化型ガラスコーティング。実はDIYで施工すると費用を大幅に抑えることができます。

でも大切な愛車にDIYでガラスコーティングを施工するとなると、以下のような疑問が浮かぶかと思います。

・DIYで失敗せずに施工できるのか

・素人で施工経験が無くても大丈夫なのか

・そもそもDIYで施工できるのか

この記事ではこういった疑問にお答えします。

この記事の内容は

✅ ガラスコーティングのDIYで失敗を無くす方法

✅ 素人でも問題ない理由

✅ 施工の際の注意点3選

となっています。

ちなみに僕は兵庫県で6年程カーケアショップを経営しており、ガラスコーティングの施工も行っています。YouTubeでコーティングや磨きについての情報も発信しています。気が付けば動画は200本以上、チャンネル登録者様数は2万人を超えました。

僕も元々は脱サラして今のショップを始めましたが、当然最初は経験ゼロの状態からのスタートでしたので少しでも施工を検討されている方の参考になれば幸いです。

僕のチャンネルはこちら

硬化型のガラスコーティングの施工の作業工程というのは、

1.コーティング剤の塗布

2.拭き取り

3.乾燥

という実はすごくシンプルなものです。塗って、拭いて、乾かして、という感じですね。商品によっては乾燥させてから拭き取るタイプもありますが、作業そのものはこの3つの工程で構成されます。

そしてガラスコーティングの施工の失敗の具体的な内容は、

1.塗り忘れ

2.拭き残し

の2つになります。その中でも塗り忘れより拭き残しの失敗の方が圧倒的に多いです。拭き残したまま乾燥して硬化が進んでしまい、ムラができたままになってしまうんですね。

上の画像の赤で囲っている部分が少し白くボケているのがわかるでしょうか?これが拭き残しです。

この拭き残しや塗り忘れの失敗を無くすためには・・・


しっかり確認しながら進めればいいのです。


え?それだけ??と思われるかも知れません。

ですがガラスコーティングの施工はボディカラーや車の形状による違いなど、ある程度は経験が必要な部分もありますが、作業そのものは塗って拭いて乾かすだけなので特別な技術が必要な訳ではありません。

塗り忘れや拭き残しをしっかりと確認しながら作業を進めれば失敗は無くすことができます。

素人でも問題がない理由

次に素人の方でガラスコーティングの施工経験が無くても大丈夫なのかという疑問にお答えします。


✅ 結論としては初めてでも問題はありません


初めてでも大丈夫

理由は先程も説明した通り、作業そのものは単純で特別な技術が必要な訳ではありません。ですので初めて施工される場合でもしっかりと確認をしながら進めれば失敗せずにDIYで施工することができます。

硬化型で乾燥のスピードが気になる場合はパネル毎にゆっくり作業すればいいのです。焦って一気にたくさん作業しようとすると確認が疎かになり塗り忘れや拭き残しの失敗が起こります。

とはいえもし失敗してしまったら・・・

こんな声も聞こえてきそうですが、確かにいくら確認しても見落としてしまう可能性はゼロではありません。ただ最悪もし失敗してしまった場合は再施工すればいいのです。

塗り忘れは塗り直せばいいだけですし、拭き残したまま硬化してしまった場合も少し磨けばガラスコーティングの被膜は落とすことができます。

またコーティング剤は容量にかなりの余裕を持たせてありますから、Lサイズのミニバンでも普通に使っていれば液は余ると思います。硬化型でも瓶をしっかり密閉していれば一度開封しても暫くの間は使える商品がほとんどですので再施工が必要になっても大丈夫です。

このような理由から初めてでも問題はないと言えます。実際にやってみると「あ、こんなものか、もっと早くやればよかった」と思うかも知れませんよ。

施工の際の注意点3選

施工そのものは初めての方でも行えるのですが、注意して頂きたいポイントが3つあります。

1.ガレージなど屋内で施工すること

硬化型ガラスコーティングは施工開始から乾燥が終わるまで水気厳禁の商品が多いです。ですので雨風を凌げるガレージ内など屋内で施工するようにしてください。屋外での作業は濡れる危険性が高いだけでなく埃やゴミも付着しやすいので避けてくださいね。

雨が全く降らないのならカーポートでも可

2.照明を用意すること

塗り忘れや拭き残しの確認には照明も使うようにしてください。肉眼だけではどうしても見落としが出来てしまいます。ただしプロショップのような大掛かりな照明設備は必要ありません。LEDのワークライトが一つあれば大丈夫です。ポイントは色んな角度から光を当てて視点も変えながら確認するようにしてください。

照明設備
こんなやつでOK

3.クロスをケチらないこと 

塗布したコーティング剤を拭き取るのにクロスを使いますが、余程小さい車でない限り商品に同梱されているクロスだけでは溶剤を綺麗に拭き取り切れません。拭き残しにも繋がりますのでクロスはケチらずに汚れたら新しいものを使うようにしましょう。クロスはもちろん新品で。

僕が使っているのはこれ

さあ、やってみよう!

ということで今回はガラスコーティングをDIYで失敗せずに施工できるのかという疑問についてお答えしました。結論としては施工できる環境が整っているのであれば作業そのものは簡単なので初心者でも施工して頂く価値は十分にあると思います。むしろハードルは環境面だけかなと。

最初にお伝えした通り、販売店さんや専門店さんで施工するより費用面で圧倒的にお得ですし、自分で施工することで車への愛着もさらに増すこと間違いなしです。

市販されているガラスコーティングは大量に種類がありますがその中でDIYでも施工しやすいものをいくつかピックアップしておきますね。

楽天市場で洗車・カーケア用品ランキング1位常連のガラスコーティング剤。サイトやサービスも充実してます。ラインナップも豊富ですがおすすめはピカピカレインプレミアム。玄人向けにはアルティメットもあります。

水溶性の硬化型ガラスコーティング剤。水洗いで施工するためガラスコーティングの失敗に多い拭き残したまま硬化してしまうことがなく、乾燥時間も短縮できるため初心者のDIY施工にはピッタリ。

関連記事はこちら

最後に少し宣伝。僕が販売代理店を務めているカーケアブランド「THE ONE」の硬化型ガラスコーティング剤です。上の2つよりはお値段は高くなりますが驚くほどの撥水効果と深い艶を得ることができ、DIYでも施工しやすい。特典として僕が作った施工動画マニュアルも付いてます。

それでは今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

記事に関して質問等ございましたら下のコメント欄よりお問合せくださいね。メールYouTube、SNSからでもOKです!

カーケアについてよく頂く質問はこちらにまとめてますので覗いてみてください!


WC

-外装
-, , ,

Copyright© WC Works , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.