道具

超簡単!汚れたバフとクロスをあっという間に綺麗にする方法

更新日:

こんにちは!WCです!

WC Worksのブログをご覧頂きありがとうございます。

このブログでは誰にでも簡単に車を綺麗にできる方法やコツをお伝えしています。


今日の記事は道具のお手入れについてです!

これまで磨きについての記事をいくつかアップしましたが、磨きを行うと使った当然ですがバフが汚れます。その頑固に汚れたバフやクロスを簡単に綺麗にする方法をシェアします!


バフとコンパウンドを使って磨くと、磨きを進めていけばいくほどバフが汚れます。

汚れの原因はコンパウンドや研磨したクリア層(に付着した異物)だったりするのですが、このまま次使ってもいい磨きを行うことはできないのでお手入れが必要になります。

ちなみにバフは綺麗であればある程磨けます。


以前の記事で洗車に使った道具をお手入れする方法をご紹介しました。その時紹介した方法で洗ってもよいのですが、バフの汚れは酷い場合はこびり付いて中々取れない上に水も真っ白になるのでかなり厄介です。なのでその方法を行う前にまずこれから紹介する方法で洗っておくと簡単にバフを綺麗な状態に戻すことができます。

またこの方法は汚れたクロスにも使うことができますので併せてご紹介します!

使う道具はこれだけ!

今日の施工で使用する道具はこちら!

はい、高圧洗浄機ですね。これだけです。

これまで僕のブログでは高圧洗浄機を使った記事をいくつかアップしていますが、今日はまた新しい方法です。しかも簡単に実践できますので高圧洗浄機をお持ちの方は是非お試しくださいね!

まだ高圧洗浄機をお持ちでない方は1台あると色々使えて本当に便利ですので是非ご検討ください!あなたのカーケアのレベルが劇的にアップしますよ!


施工は超簡単!

今日の施工は超簡単、だって高圧洗浄機を当てるだけです。

作業のポイントもガンは一定方向に当てること、これだけです。

ボディの拭き上げの記事でも触れましたが、不規則に当てるといつまでたっても間に詰まった汚れが取れないんですね。なので一定方向に水を当てて汚れを掻き出すイメージで作業します。

高圧でバフやクロスが飛んでいってしまう可能性があるので足で軽く押さえると作業しやすいですよ。また施工前に暫くの間水に浸けておくと汚れが浮いてより簡単に落とせます。


ウールバフ

ウールバフは毛に目があると思いますのでその方向に沿って水を当てるようにしてください。上の画像の場合は右から左に流しています。

汚れが酷い場合は繰り返し何度か作業するとよいでしょう。


ウレタンバフ・クロス

ウレタンバフやクロスは毛の目は特に気にする必要はありません。

一定方向に水を当てることだけ意識すればOKです。こちらも必要であれば繰り返し作業してください。


ここまで汚れが落ちる!

施工後の写真はこちら!

高圧洗浄機を当てるだけでここまで汚れが落ちて綺麗になります。

あとは以前の記事で紹介した方法を使って洗えばバッチリです。


1つ注意点があるのですが、この方法は汚れたウォッシュミットやスポンジにも使えます。ですが、ミットやスポンジの場合は高圧洗浄機の強さや当て方、距離によっては毛が抜けてしまったり破れてしまう可能性があるので、十分注意して作業するようにしてください。僕も以前に誤ってほぼ新品のウォッシュミットをズタズタにして使い物にならなくしてしまいました。。。


まとめ

今日は磨きで汚れてしまったバフやクロスを高圧洗浄機を使って簡単に綺麗にする方法を紹介しました。コンパウンドがこびり付いて普通に洗うだけではなかなか落とせない汚れも高圧洗浄機を使えばあっという間に落とすことができます。

他にも高圧洗浄機にはまだまだカーケアでいろいろな使い方がありますので今後の記事でシェアしていきます!


今日の記事の動画はこちら!


それでは今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

質問等ございましたら下のコメント欄よりお問合せくださいね。メールYouTube、SNSからでもOKです!


WC

-道具
-, , , ,

Copyright© WC Works , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.