内装 洗車テク

高圧洗浄器を使ってフロアマットを綺麗にする方法

更新日:

こんにちは!WCです!

WC Worksのブログをご覧頂きありがとうございます。このブログでは誰にでも簡単に車を綺麗にできる方法やコツをお伝えしています。


今日は外装の洗車ではなく内装のフロアマットについてお伝えします!


内装の中でもフロアマットは特に汚れやすいです。

だって靴で踏むんですから。土禁とかにしていれば別ですが、それはかなりの少数派だと思います。ましてや小さなお子様がいるご家族はカオス状態だと思います。汚れてしまうのはどうしようもありません。

016bfd1067212fe36ec8c5fd2329e8515dae034895

・運転席のフロアマット。特にペダル付近がよく汚れています


ではそんな汚れやすいフロアマットですが、あなたはどうやってお手入れされていますか?


フロアマットのお手入れ方法は?

放置!

016e669e1378b6541323c6ba1b89a03054078dcc60

・Aさんの意見


汚いし面倒くさいし放置!って方もおられると思います。

ですが、車の車内は狭い密室空間です。汚れが蓄積すると窓を開けたりエアコンを付けた時に車内に埃が舞い上がり、呼吸と一緒に吸いこんでしまうかもしれません。

汚い埃が体内に入ったら・・・考えるだけで気持ち悪いですね。


とにかく叩く!

01d5b2250c936a5da403f31f4a3122ca0506325d22

・Bさんの意見

フロアマットといえばこれ!ふとんたたきで叩きまくる!一度はやられた事がある方もおられると思います。

この方法は何もしないよりは断然いいのですが、叩いても叩いても埃は出てきますし、目の奥に入り込んだ汚れは取るのが難しいです。周囲に埃をまき散らしてしまうことも考えると、この方法はあまりおすすめできません。


じゃどうやって綺麗にするの?

使う道具はこれ!

ではどうやってお手入れをするかというと、この道具を使います!

高圧洗浄機

はい、高圧洗浄機ですね。

以前の記事「高圧洗浄機のすゝめ」の中で、高圧洗浄機には色々な使い方があるとお伝えしましたが、汚れたフロアマットの洗浄にも使うことができます。

あとは、水と洗剤を使います。洗剤といっても特殊なものではなく、家庭用の衣類用洗剤でOKです。これを、百均などで売っているスプレーに入れて水とよく混ぜて溶かしておきます。洗剤の量は、水を200ml入れるとしたら洗剤は軽量カップの底が見えない位(10/1程度)の量でOKです。

01de8cc039f775790a4ab41517e683a5bb67f84060

水をかける

まずは、マット全体に軽く水をかけます。表面を湿らせる程度で構いません。

0164266138eebe7bed041000172a74993a62b0be2a

この工程は高圧洗浄機でなくても問題ありません。


洗剤をかける

次に、用意しておいた洗剤をマットにスプレーします。まんべんなく全体にスプレーするようにしましょう。

016e5b7c46e243749718a05d6a00a4ef901ae7a281

・白くなっている部分が洗剤です


汚れが酷い場合はスプレーした後しばらく放置しておくとより汚れが落ちやすくなります。ただしそのまま乾燥してしまうとシミになる恐れがありますので注意してください。


水洗いをする

そして高圧洗浄機で洗います。

作業のポイントは一定方向にゆっくりと流すことです。いろんな方向から水を当ててしまうと毛の中に詰まった汚れがいつまでも取れません。一定方向にマットの端から端に押し出すイメージで作業してください。

もしマットの毛に目がある場合は、目に沿って流すと汚れが取れやすいですよ。

01ae3b8cf1cb90cdc4f484ab172528f4c894042c6a

また、高圧洗浄機のノズルの先とフロアマットの距離が近いほど、マットに当たる水圧が強いので洗浄力は強いですが、洗える範囲は狭くなります。

逆に距離が遠いほどマットに当たる水圧は弱くなりますが、作業できる範囲は広くなります。このあたりは汚れの程度に合わせて調整してください。

洗い終わった後は、マットの裏面に洗剤が付いていることが多いので流しておいてください。


乾燥させる

水洗いが終わったらマットを乾燥させます。

01add1cfa367e3cb5e08f86b23b30b5638b6abeb35

下の画像のように水が流れるように干しておくと乾燥が早いです。

特別毛が長いフロアマットでなければ、冬場でも天気が良ければ朝に干せば夕方には乾くと思います。素材がゴムのマットはあっという間に乾きますよ。


掃除機をかける

毛足の長いフロアマットにペットの毛などがたくさんついている場合は、水洗いだけでは取れない場合があります。そういう場合は乾燥させた後に掃除機を使って吸い取ってください。それでも取れにくい場合はブラッシングしながら掃除機を当てると効果的です。

掃除機やブラッシングをかける場合は水洗いをしてから行うのがポイントです。水洗いの前に行うとふとんたたきで叩くのと同じでキリがありません。高圧洗浄機で洗うとたいていの汚れは落ちますので、それでも取れない汚れ(目に絡まった毛など)があれば掃除機やブラッシングを行えばOKです。


まとめ

内装の中でもフロアマットは特に汚れやすい場所です。

業者に依頼すればそこそこ費用がかかりますが、高圧洗浄機があれば簡単にお手入れできますので是非1度お試しください。定期的にお手入れすることによって車内は清潔に保てますし、汚れも落ちやすくなります。


高圧洗浄機にはまだまだ他にも使い方がありますので今後の記事で紹介します!


今日の記事の動画はこちら!

それでは今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

質問等ございましたら下のコメント欄よりお問合せくださいね。メールやYouTube、SNSからでもOKです!


WC

-内装, 洗車テク
-, , , , , ,

Copyright© WC Works , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.