ビジネス

30代脱サラ自営業のおっさん、YouTuberになる。

更新日:

こんにちは!WCです!

前回のビジネスの記事では、僕の起業当初から現在までの事業別の売上高比率を公開しました!

僕の現在の売上に対するネット事業は65%以上になっています。そしてその柱になっているのは読者の皆さんも僕を知って頂くきっかけになったであろうYouTubeです。

今日の記事では何故僕がYouTuberになったのか、ただ流れに乗っかった訳ではなく色々試行錯誤や失敗を繰り返した結果辿り着いたのがYouTubeだったこと、そしてカーケア以外にも手を出してきたビジネス(と呼べるか怪しいレベル)についても触れたいと思います。

僕のメインチャンネルである「WC Works TV」は2017年4月から動画の投稿を開始しました。

もう4年以上続けているので、比較的昔からYouTubeをやっている方だとは思います。

でも実は、僕がYouTubeに最初の動画を投稿したのはそこから更に3年前、2013年になります。当時はまだサラリーマンで、まだ起業も考えていない時でした。副業や自分で稼ぐことには昔から興味があり、そんな時に本屋さんでヒカキンさんの「僕の仕事はYouTube」という本を手に取ったのがきっかけです。

その時はまだ「YouTuber」という言葉も浸透しておらず、少なくとも僕の周りでYouTubeに自分で投稿している人はいませんでした。アカウントの開設も今ほど簡単ではなく、ネットで色々調べながら最初のアカウントとチャンネルを作ったのを覚えています。

2013年といえば今や超大物YouTuberのラファエルさんやヒカルさんもチャンネル開設すらしておらず、僕はYouTuberとしてのキャリアだけだと僕はラファエルより先輩ということになります。笑

ラファエル
こいつ後輩やねん

全く価値のない再生されない動画

最初に作ったチャンネル(現在は非公開)では、スマホで撮ったVLOGみたいな感じの動画を上げていました。タイトルやサムネも工夫せず、編集もテロップや音楽もまったく入っておらずそのまま流すだけの自分以外にとっては全く価値のない再生されない動画を作っていました。もはやただのホームビデオです。

そんな動画が当然再生されるはずもなく、再生回数も数回~数十回程度でした。当時は今と今と違ってYouTubeの規約もだいぶ緩く、誰でも再生されればされた分だけ広告料が入っていたのですが、それでも月数十円程度にしかなりませんでした。

単純に舐めていたんですね。動画さえ上げれば稼げると思ってましたから。考えが甘過ぎたのです。ちなみにテレビと立場が完全に逆転しYouTuberだらけになった今はもっと厳しいですよ。

とにかくにしかくそんな甘い考えで続くはずもなく最初のチャンネルは動画を数本上げただけで全く更新しなくなりました。

そんなに甘くない

チャンネル大量生産

それから数年後、起業して最初のお店を開業をしたタイミングで動画の投稿を再開しました。自分の作業の施工事例みたいな感じの動画ですね。自分が磨いたり直したりした車やホイールのビフォーアフターの写真を繋げてスライドショーにして紹介していました。2015年のことです。

ネットの重要性は感じていたので少しでもYouTubeやブログを使って仕事に繋がればいいという考えで動画をアップしていました。ただネットで稼ぐつもりはなく、あくまで施工に繋げるために動画投稿をしていました。

これは最初のホームビデオよりは多少再生はされましたが、再生回数とチャンネル登録は全く伸びませんでした。

前回の記事でお伝えした通り、開業後数年間はほぼ毎月【収入<生活費】の状態が続きましたので、サラリーマン時代に作った貯蓄もすぐに底を尽きてしまい収入を確保するために家庭教師のアルバイトを始めます。同時にネットからも収入を得るためにYouTubeでもジャンル毎に分けてチャンネルを複数作って動画も投稿していました。

再生回数だけではダメ

僕は現在YouTubeで2つのチャンネル「WC Works TV」と「WC WorkStyle」に動画を投稿していますが、チャンネルとしては他にも持っており削除したものも含めるとこれまで10個以上は作りました。15個くらい作ったかな?

現在の僕のチャンネルたち

ジャンル毎にチャンネルを分けたのは動画の内容を統一させるためです。ジャンルは一般的なものからグレーなもの(現在ならアウト)なものまでいろいろ作りました。

最初の失敗を踏まえて自分なりに勉強してそれなりに再生回数を狙って取れるようになりました。例えば、上のケ○シロウのアイコンのチャンネル(現在は非公開)では、ネット上のネタ画像や同人系の画像を集めた動画を中心に投稿していたのですが、そこでは10万~20万回再生される動画を量産できました。僕の現在のメインチャンネルの1本あたりの平均再生回数は25,000回ですから、それに比べてもかなり多い数字です。

でも全然お金にはなりませんでした。理由は殆ど広告が付かなかったんですね。

YouTubeは収益化すればどの動画にも等しく広告が付く訳ではありません。動画のジャンルや内容、視聴者によって掲載される広告の種類や単価が変わります。

広告主は自社の商品購入の促進やイメージアップのために広告を打つ訳ですから、自社のイメージに相応しくない動画には広告を掲載したくないのです。

なのでその僕のチャンネルはキワどいラインを攻めていたジャンルだったため、広告が殆ど掲載されず再生回数の割に殆ど収益にならなかったのです。

再生回数だけを取れても中身が伴わないとダメだということですね。

ちなみに巷で言われているYouTubeの広告単価が1再生=0.1円というのは半分正解です。先程言った通り再生単価は動画の種類や視聴者層、そして月によって変わりますから、0.1円の動画もあればそれより下の可能性も上の可能性もあります。

ちなみに僕はどんなに低い月でも0.1円ということはありません。もっと上です。

いろいろ手を出してみたけれど

再生回数だけでは稼げないことに気付いた僕はYouTube(の広告料)で稼ぐことを一旦諦めました。当時は本業の施工でも満足に稼げていなかったため、アルバイト以外にも色んなネットビジネスに手を出しました。もしそっちで稼げるようになったらガチで本業を辞めようと思ってましたからね。これまで僕が手を出したのは…

FX(外国為替証拠金取引)

まとめサイトの管理人

アプリのアフィリエイト

etc...

それなりに力を入れて取り組んだのは上記の3つでしょうか。本題から逸れるので詳しくは触れませんが。

FXは論外ですね。俺は投資家になる!と思って始めましたがやっていたのはただのギャンブル。少なくとも僕には全く合いませんでした。

残りの2つは2年間近く運営を続けました。それなりに結果は出るようになりましたが、生活に十分な金額を稼ぐには至らず、徐々に更新の頻度も落ちていきました。

何より、お金が目的で始めただけだったので中途半端に結果が出ても全く楽しくなかったんですね。しかも決して誇れるような内容でもなかったので続けるのがどんどん辛くなっていきました。

やっぱり自分が好きなことや興味を持てることじゃないと長く続けるのは難しいですね。改めて実感しました。

自問自答の結果

自分は何がしたかったのか、ネット上で何をすれば自分は価値を提供できるのか色々自問自答しました。

そもそも僕がカーケアビジネスで起業したのは、車を綺麗にする仕事がしたかったからです。

この仕事を始めたばかりの頃、まだ何もわかっていなくて(わかった気になっていて)ちょっとした洗車や磨きの方法で車が劇的に綺麗になることが楽しかった。

「昔の僕みたいに、洗車は好きだけど正しいやり方ではなかったり磨きを知らない人は他にも沢山いるはずだ

「そんな人たちにちょっとした事で自分の手で車は綺麗にできることを知ってほしい」

「ちょっと待てよ、それは間接的に車を綺麗にしているのと同じじゃないか」

「それこそ僕がネットを通じて提供できる価値だ!」

そう考えるようになったんですね。

誰にでも簡単に車を綺麗にできる方法やコツをお伝えしています!

じゃあどうしたらいいか?

→カーケアのノウハウを伝えるのは文章や画像=ブログではなく動画の方がわかり易いだろう!

→そうなったらやっぱりYouTubeしかない!

そんな流れで2017年4月に再び新しいチャンネルを作りました。それが「WC Works TV」です。

それまでの僕の動画はチャンネルを問わず画像のスライドショーにテロップと音楽を乗せただけの動画でしたが、このチャンネルでは撮影をした作業の映像を編集して顔出しもしてアップすることにしました。少しでも僕という人間を知って信頼して頂くためです。

一番最初の動画。目も当てられません

今では早口言葉みたいになっている冒頭の「誰にでも簡単に車を綺麗にできる方法やコツをお伝えしています!」は2本目の動画からずっと言い続けています。実はこれは僕のチャンネルのモットーというか、作ったきっかけでもある根本の部分なんですね。

やっぱり最初は再生されず、バカにもされた

僕のチャンネルはカーケアという趣味性が強いジャンルですので、再生回数はあまり期待していませんでしたが、やっぱり再生されなかった。笑 

半年経ってもチャンネル登録車数は100人いかなかったんじゃないかな?僕のやり方にも問題があったんでしょうけどね。

開設2ヶ月後のスクショ。登録者数は17人です

でも今回は自分では価値を提供できているという自信があったし、少しずつですが再生されるようになってコメントも頂けるようになって嬉しかった。なので全く苦ではなかったですね。

ただ顔出しをしてましたしFacebookやTwitter等他のSNSでシェアもしたので繋がりのある人には徐々に知れ渡りました。当時はまだ今ほどYouTubeはメジャーではなかったし、まだまだ自分でやってる人は少なかったので、まぁバカにされましたね。そんな(しょうもない)事やってんねやwwwみたいな。うっさいんじゃボケ

何事も人と違うことや新しいことをすると周りからは批判的な目で見られることが多いと思いますが、何も気にすることはありません。自分を信じてあげましょう。でも当然ですが犯罪や人の道から逸れたことはダメですよ。

掌返し

地道に投稿を続けていったお陰で再生数もチャンネル登録も順調に伸びていくようになります。広告料も毎月入るようになり、企業案件のオファーも頂くようになりました。今思い返せば0人から100人が一番しんどかったですね。

すると周りの反応もどんどん変わっていきました。これぞ掌返し。チャンネル登録者数が17人の時も、2万人を超えた今もやってる事は最初と大きくは変わらないんですけどね。人の評価なんてそんなもんです。

まとめ

ということで今回は僕がYouTuberになった経緯をお伝えしました!色々他のことにも手を出して浮気もしましたが、やっぱり自分が好きな「車を綺麗にする仕事」で勝負をするべきだと気が付くことができてよかったです。回り道をしたようですがもしかしたら一番近道だったのかも知れません。

そしてこのYouTubeが大きくなったお陰で僕のネットビジネスの大きな「幹」になります。そこから物販など「枝」が増えていくのですが、今日はこの辺で。

それでは今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

記事に関して質問等ございましたら下のコメント欄よりお問合せくださいね。メールYouTube、SNSからでもOKです!そして記事が気に入って頂けましたらSNS等でシェアお願いします!

WC

-ビジネス
-, , , , , , ,

Copyright© WC Works , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.