ビジネス

30代脱サラ自営業のおっさんがコロナ禍で感じること

更新日:

こんにちは!WCです!

WC Works のブログをご覧頂きありがとうございます!このブログでは誰にでも簡単に車を綺麗にできる方法やコツをお伝えしています!

…普段はこんな感じで記事が始まるのですが、今日は違います。

僕が脱サラして起業し2015年にこのショップを開業して6年が経過しました。お陰様でYouTubeを通じてたくさんの方に知って頂き、最近では同業者の方や同業で開業を目指しているという方からも連絡を頂くようになりました。

今でこそ生活=収入はある程度安定していますが、全くの畑違いの世界から飛び込んだので最初は上手くいくはずもなく試行錯誤の繰り返しでした。

6年が経ちそれなりに経験を積めたこと、お仕事についてもよく質問されるようになったこと、そしてこのコロナ禍で改めて強く感じることがたくさんあるので、ブログに新しく「ビジネス」のカテゴリを作って自分なりの仕事に関する考えや方法をシェアしていきたいと思います。

読者のターゲットのメインはもちろん僕と同じカーケア業の方やその方面で起業を検討されている方ですが、他の自営業者さんやフリーランスの方、サラリーマンの方にもあてはまる話が多いはずなので是非色んな方に目を通して頂ければと思います!

このブログを全て読んで実践して頂くと少なくとも今の僕と同じ規模のビジネスは作れるようになります!…たぶんガチで

ただし、「デカいビジネスをガンガン回してる俺にはカネの心配なんて1㍉もないぜ!」「今で十分満足!今日の晩御飯が食べれたらおkwww」という方向けの記事ではありませんのでもしそういった方がおられましたらここでタブを閉じてください。

少なくとも現状に漠然とした不安のある方にとっては少しは役に立つはずです!

この記事で初めて僕を知った方もおられると思いますので改めて自己紹介をさせて頂きます。

兵庫県加東市でWC Works というカーケアショップを経営しております西角 祐一(にしかく ゆういち)と申します。宜しくお願いします。変わった苗字でしょ?存じております。飲食店で並ぶときに指示通りカタカナで名前を書くとほぼ100%「ニシカワ」様と呼ばれます。でも僕の地域ではそこそこある名前なんです。

WC Works代表 西角祐一

僕のウェブサイトのトップページのこの画像をご覧になられた方もおられるのではないでしょうか。(今よりもだいぶシュっとしていますね。。。)

年齢は1986(昭和61)年生まれで今年35歳になります。ちなみに25歳で結婚して子供は2人います。

経歴

僕のこれまでの経歴を軽く。

市立小学校→市立中学校→県立高校普通科→

関西外国語大学英米語学科→某日系軸受メーカー勤務(総合職)

→カーケアサービス業経営←今ココ!

となってます。

実は専門は英語だったりします。海外留学もしてました。なので動画に英語の字幕を付けてたりするんですね。その流れで海外勤務ができるメーカーに就職した訳ですが一身上の都合(笑)により退職。もともと転職する気はなかったので地元に帰ってきて起業し現在に至ります。

このあたりの話はまた改めて記事にしますね。そういえば気付けばサラリーマン時代より起業してからの方が長くなりました。

サラリーマン退職後は今のお店をずっと一人で営んでます。

サラリーマン時代 当時は当時で楽しかった

コロナ禍になって

仕事が無くなるという恐怖と不安

2019年後半~2020年初頭から続く新型コロナウイルス感染症、いわゆるコロナ禍で生活は一変しました。間違いなく後世では世界中の国で歴史の教科書に載るでしょう。

その中で多くの方が感じたこと、今も感じていることは仕事が無くなるかもしれないという恐怖と不安ではないでしょうか。

特にイベント業界や外食業界は大ダメージ、既に企業がいくつも倒産していますし、現状が続けば今は残っている企業もいつまで体力が持つかわかりません。

新型コロナウイルス関連倒産の発生累計件数 参照:帝国データバンク

いくらあなたがサラリーマンで法律にガチガチに守られて会社からクビにされることは無くても、会社そのものが潰れてしまう可能性があるのです。

自営業やフリーランスだった方は去年の今頃これからどうなるのか不安でたまらなかったはずです。起業したばかりだった方やこれから起業を考えておられた方は尚更でしょう。

自分の業界は関係ない?いえいえ。今は新型コロナウイルス感染症が原因ですが、将来は何が起こるかわかりません。現に金融危機による大暴落などはこれまで何度も起こっています。

またたとえ会社が大丈夫でも、自分が体調を崩して働けなくなるかもしれません。言いたいことも言えないこんな世知辛い世の中です。もしかしたら人によっては会社が潰れるよりもそちらの可能性の方が高いかもしれませんね。

今はどれだけ大きな会社に勤めていても、どれだけ立派な資格や免許を持っていても何が起こるかわからない、そういう時代なのです。

僕には無かった

では実際僕はこの1年どうだったか?去年の4月~6月は施工の仕事は殆ど入りませんでした。3ヶ月間で数える程だったと思います。でも僕に不安や焦りはありませんでした。なぜなら…

僕には複数の収入源があったからです

YouTubeで僕のことをご存知の方はおそらく車を磨いたりコーティングをしてる人間だと思われているかと思います。いわゆる施工をしている職人的なイメージでしょうか。

それも間違いではないのですが僕にはそれ以外にも今収入源が3つあります。広告、物販、副業ですね。詳しくは別の記事で詳しくお伝えしますが、昨年の4月から6月の一番施工が少なくなった時期、副業はコロナの影響で全くできませんでしたが、残りの物販と広告からの収入は逆に増えました。なので施工の仕事が全くと言っていい程入らなくても僕に不安や焦りは無かったのです。

収入源が1つしかないというリスク

もし1年前の僕に収入源が施工の1つしかなかったら?そう考えると恐ろしいですね。

収入源が1つしかないリスク

これが僕がコロナ禍になって一番切実に感じたことです。

このことは僕と同業の方はもちろん、他の自営業者や経営者、サラリーマンの方にもあてはまります。サラリーマンの場合は会社からのお給料ですね。

収入源が一つしかない場合、それが止まってしまうとあなたの収入は無くなってしまいます。貯蓄がある場合はそれを切り崩せば暫くは生活できますが、新たな収入源を確保しない限りいずれは貯蓄も尽きてしまいます。

これってヤバくないですか?笑

先程お伝えした通り今、そしてこれからも何が起こるかわからない時代なのです。そんな中もし何かしらの理由で1つしかない収入源が無くなってしまったら…。

収入源が1つしかないということはリスクしかないのです。

ロープ1本でバンジージャンプに挑むようなものです 違うか

【悲報】WC、自分の限界に気付いてしまう

1年間休みなしで働いても

幸運にも僕は少し早く収入源を増やさないといけないことに気付くことができました。なぜ僕が収入源を増やそうと思ったのか?

それは…

自分の限界が見えてしまったからです

開業して暫く経った頃、施工のお仕事が集中した月がありました。僕の施工の仕事は車の販売に左右されやすいので元々波があるのですが、その月は本当に忙しく1ヶ月間休みなしで朝から晩まで手を動かし続けました。月が締まってウッキウキで計算してみると…収入は50万いくかいかないか程度だったのです。

1ヶ月間休みなしで朝から晩まで働いて50万…ということはこのペースで1年働いても600万円…だと?

ということは1年間休みなしで働いても当時の業務内容では600万円にしかならなかったのです。他にもやり方はあったはずでしたが、少なくとも当時の僕ができたベストの数字です。僕の限界。

600万円と聞くと「十分じゃね?」と思われる方もおられるかもしれませんが、あのペースで1年間働き続けるのは不可能です。それくらいあの1ヶ月は忙しかった。

そして案の定翌月仕事が落ち着くと少し体調を崩してしまいました。原因は「心身の疲労によるストレス」でした。

開業まもない頃 おそらく限界を知る前です

何かを変えなければ

僕は思いました。とてもじゃないけどこんな事ずっと続けられない。心も体も持たない。しかも体調を崩して働けなると収入は止まってしまう。何かを変えなければならない、と。

ここから新たな収入源を作るために試行錯誤を始めるのですが、今日はこのあたりで。

まとめ

ということで今回はコロナ禍で僕が改めて感じたことをお伝えさせて頂きました。次回はなぜ僕がサラリーマンを辞めて今の仕事を選んだ理由について記事にしようかと思っています!最終的にはこのブログを更新しながら将来の目標を達成したいと思っています。

尚、僕のブログの記事は動画でも公開していることが殆どなのですが、ビジネスの記事に関しては当面ブログだけでお伝えしていこうと思っています。

SNSでも更新情報を発信しますのでフォローがまだの方は是非宜しくお願いします!

それでは今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

記事に関して質問等ございましたら下のコメント欄よりお問合せくださいね。メールYouTube、SNSからでもOKです!

WC

-ビジネス
-,

Copyright© WC Works , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.